LIFE

アフリカの希望

a0236728_11184233.jpg


アパルトヘイトに反発し、南アフリカの黒人解放運動の指導的立場にあったANC(アフリカ民族会議)が1925年に国歌として制定し、あらゆる所で歌われた。
そのため、アパルトヘイト時代の南ア政府は「反逆歌」として、歌うのを禁止した。

アパルトヘイトが法律上無くなった1994年、南ア初の黒人大統領ネルソン・マンデラはこの歌とアパルトヘイト時代の国歌であった「南アフリカの呼び声」を同国の国歌として宣言し、1997年に両曲を一つに編曲した歌が南アフリカの国歌となった。

映画『遠い夜明け』(原題 Cry Freedom)のエンドロールで黒人がいかに不当に刑務所の中で拷問死したかを訴える為に、逮捕拘留中に死亡した反アパルトヘイト活動者たちの氏名と没年、政府発表死因が連続的に表示される。
拷問死なのに、「椅子から転落して死亡」、「首つり自殺」、「転んで死亡」とか、
人種隔離政策する側が滑稽な死亡原因を発表したのを、そのままテロップに延々と流しているシーンを思い出します、、、

この物悲しくも希望に満ちた曲が好きです。


[PR]
by sublime43lb | 2012-09-30 06:20 | 音楽