LIFE

ライフ・イズ・ビューティフル

a0236728_16331858.jpg


カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。
ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。
1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監命令が下る。

何の予備知識も内容も知らぬまま友人に薦められて見た記憶があります。
パッと思い浮かんだのがチャップリンの映画。
人によって思い浮かべる映画は違うでしょうが、僕の場合ラストシーンのスピーチが記憶に残る
『独裁者』でした。

オスカーを受賞した時、ロベルトが椅子の上に立ち上がって子供のように無邪気に喜んで、他の俳優も感動で泣き笑いしてたのが今でも記憶にあります。

こんな素敵な人だから素敵な映画になったんだろうな。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
[PR]
by sublime43lb | 2012-05-19 23:58 | 映画